【URLをクリックされた方へ】

URコミュニティ

企画総務部システム管理課

このメールは
「標的型メール攻撃訓練」のメールです。

今回は訓練のため、ウイルス感染はありません。
URコミュニティヘルプデスク等への連絡は不要です。

ご注意!

訓練の情報は他の社員に共有しないようお願いします。

本メールは標的型メール攻撃訓練の一貫で送信したメールです。標的型メール攻撃による情報漏えい事件や、ランサムウェアによるデータ改ざん等が相次いでいます。
会社の損失発生や信用を著しく損なうことに繋がる、重要情報・個人情報の社外への流出を防ぎ、データの保護を行うためには、システムによる対策だけでなく、社員の意識の向上による防御が必要です。ついては、以下の対応方法をご確認いただき、不審なメールには十分ご注意下さい。

■項目

  1. ・1 不審なメールの見分け方
  2. ・2 感染(疑い)の際の対応

1 不審なメールの見分け方

不審なメールにはいくつかの特徴があります。その特徴を掴み、標的型メール攻撃を回避しましょう。

  1. ① メール差出人に心当たりが無い。
  2. ② 不自然な日本語が使われている。
  3. ③ WEBサイトのURLへアクセスさせようとしている。
  4. ④ 普段届いていない内容のメール。
  5. ⑤ 添付ファイルを開かせようとする。

【不審なメールの確認ポイント】

①差出人に注意して下さい。・普段メールのやり取りを行わない人からのメールは注意が必要です。・覚えの無いメールアドレスにも注意しましょう。②メール本文の確認も怠らないようにしましょう。不自然な日本語が使われていたり、身に覚えがない内容など、メールの本文に違和感を覚えたら注意が必要です。③URLへのアクセスには注意を払って下さい。・特に、上記①や②に該当するようなメールの場合は記載してあるURLへアクセスしないようにしましょう。

2 感染(疑い)の際の対応

標的型メール攻撃の被害にあってしまい、自身が操作しているパソコンがウイルス感染をしてしまった(もしくは感染の疑いがある)場合は早急な対応が必要になります。被害を最小限に抑える方法を確認しておきましょう。

  1. ① LANケーブルを抜く
  2. ② URコミュニティヘルプデスク(03-3239-3560)に報告

【感染(疑い)の際の対応方法について】

①LANケーブルを抜いて下さい。・早急な対応が要求されます ※対応せずにいると被害は拡大していきます。・インターネットを経由して情報漏洩する可能性があります。・社内ネットワーク上のPCやサーバーへ二次感染する恐れがあります。②URコミュニティヘルプデスクにご報告下さい。・社内での対応や、社外にむけた対応について検討しなければならないからです。

画像引用元: http://prius.hitachi.co.jp/support/beginner/faq/700058/700058.html